ページトップへ戻る

ホーム プロフィール スケジュール フォトアルバム RSSについて

SUPER FORMULA Rd.3 レポート

SC導入のアヤで残念な9位フィニッシュ。

次戦は、何としても勝ちたい富士、勝ちに行きますので応援よろしくお願い致します。

カテゴリ SUPER FORMULA
大会名称 2018年 全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦
開催日程 2018年5月26日(土) 公式予選
2018年5月27日(日) 決勝レース
開催サーキット スポーツランドSUGO インターナショナルレーシングコース : 3.704 km
順位 予選3位 / 決勝9位
予選日

苦しい予選を3位で通過。
オートポリスの夢よもう一度の思いを胸に杜の都仙台へ入りました。
3グリッド降格の前科もなくなり、気分も晴れやかに、いつもながらの厳しい予選に臨みました。

前日の練習走行は、まともに走れずやや不安。
朝のフリーでは、最後ソフトタイヤを投入して、6位とまずまず。
まだ余裕ありそうなので午後の予選は期待大。

Q1はノックアウト寸前の15位から最後の一発アタック、冷や汗の9位でなんとかクリア。
Q2も6位でさあQ3へ。
Q3最初にタイミングボードの一番上に平川亮が飛び込んで来て大騒ぎも野尻選手、
可夢偉選手に抜かれて、最終3位で終了、Q1ノックアウトを覚悟したのでまあOKでしょう。

明日もガンガン攻めてトップ争いすると思います。
サーキット、テレビでの応援よろしくお願いします。

決勝日

SC導入のアヤで残念な9位フィニッシュ。
仙台菅生は雲が青空を隠すこともありましたが概ね晴れ。

自身初のSF最高3番グリッドからのスタートとなりました平川亮。
スタートがイマイチなので3台ぐらい行かれちゃうんじゃねーのと周囲が密かに心配する中、無難にポジションキープで1周目を消化。
暫くグリッド順の落ち着いた走行、ソフトタイヤを労わるような。

レース序盤18周で#37,#50の接触コースアウトでのSC導入、亮はこの時点でピットインするも、
僅かにタイミングが悪くSCパレードの最後尾へ。
ミディアムタイヤでの走行は、思ったほどペース上がらず、前へ行けず、消化不良の9位でチェッカー。
SC導入でタイミングよくピットインした車の勝ちという何か腑に落ちない結果となりました。
こういうレースもあるんだという不思議なレース。
次戦は、何としても勝ちたい富士、勝ちに行きますので応援よろしくお願い致します。

カテゴリー: レース, 平川 亮, 新着情報 |
TOYOTA GAZOO Racing
広島トヨペット
アチーブメント株式会社
Clarion
アライヘルメット
TOM'S
キーパー
TEAM IMPUL
TOYOTA MOTOR SPORTS
takagi-planning
B-MAX RACING TEAM
Team LeMans
SUPER GT
SUPER FORMULA
InterProtoSeries
fiawec
elms
スーパー耐久