ページトップへ戻る

ホーム プロフィール スケジュール フォトアルバム RSSについて

SUPER FORMULA FINAL SUZUKA レポート

シーズンベストの走りを披露も…
悲しい結末‼️

待ってろ!!2週間後GTもてぎ、
今シーズンの応援ありがとうございました!
 

カテゴリ スーパーフォーミュラ
大会名称 2018年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 最終戦
開催日程 2018年10月27日(土) 公式予選
2018年10月28日(日) 決勝レース
開催サーキット 鈴鹿サーキット 国際レーシングコース フルコース(1周:5.807km)
順位 予選6位 / 決勝リタイア
予選日

予選、無念の6番手フィニッシュ‼️

予選日鈴鹿の朝、雨は上がったものの路面はWET、フリー走行はWETタイヤでの走行、
後半乾いてきたところDRYタイヤでアタックするドライバーもちらほら。
平川亮も最後中古ソフトで出るも
無理せずの調整走行で、10番手で終了。
大事な大事な予選に向けて焦る気持ちを抑えての走行でした。

今日はいつもより早い時間12:35からQ1がスタート。
Q1を10番手でクリアー、
Q2を5番手と今回もQ3へ。

緊張が高まるQ3、Q2同様タイヤの内圧の関係でいつもより早めの2周目アタック。
早々とタイミングボードトップに出るも、タイムはQ2から0.2秒落ち、案の定後続に次々と前に行かれ6番手と残念な結果に。

決勝日

シーズンベストの走りを披露も…
悲しい結末‼️

今シーズンSF最後の決戦鈴鹿は、初冬の寒さと心地よい陽射しが混じる絶好のコンディションの中、
激しい闘いが繰り広げられました。
予選6位でビミョーな位置からのスタートとなった平川亮、もちろん最初からガンガンで逆転優勝を目指しました。
スタートをミディアムタイヤでロングラン、最後ソフトタイヤでガンガン作戦。
作戦は見事に的中、ピットアウト後のアウトラップでも中嶋選手を抑え切り、
前を追う山下選手をオーバーテイク実質3位へ、その後戻ってきたストレート上で煙を吐く#20ピットは悲鳴が響く、
タイヤバーストでストレートエンド内側へ車を止め終了。
あのペースで行ければ間違いなく・・・

最高の走りを最後で見せてくれたので運がなかったということで受け入れるしかないですかね。
優勝した山本選手おめでとうございます。
ニック選手もよくやつた。

カテゴリー: レース, 平川 亮, 新着情報 |
TOYOTA GAZOO Racing
広島トヨペット
アチーブメント株式会社
Clarion
アライヘルメット
TOM'S
キーパー
TEAM IMPUL
TOYOTA MOTOR SPORTS
takagi-planning
B-MAX RACING TEAM
Team LeMans
SUPER GT
SUPER FORMULA
InterProtoSeries
fiawec
elms
スーパー耐久