ページトップへ戻る

ホーム プロフィール スケジュール フォトアルバム RSSについて

2022 SUPER FORMULA Rd.9 & Rd.10 鈴鹿サーキット 予選、決勝レポート

平川亮 最終戦5位入賞!
ランキング3位!

第9戦
タイトルへの挑戦は不発!予選P11 決勝P9
最終10戦を待たずにチャンピオン決定の可能性がある第9戦は、秋の快晴の中、鈴鹿サーキットで行われました。
#20 carenex TEAM IMPUL平川亮がSTOP the 野尻選手に挑みました。

予選
昨日のフリー走行からコンディションが変わり、タイムアップが予想された予選でした。
平川亮はQ1をB組3位で通過、Q2でボール狙いでしたがセクター1からタイムは伸びず、
結局その後のタイムアップも叶わず、Q1のタイムからも遅れる11位という不本意な結果でした。

決勝
期待したスタートでのジャンプアップはならず、ポジションキープ。
中段に沈み序盤はペースも上げられず、静かなレースとなってしまいました。
10周目以降上位陣のピットインで前が開けたところからペースアップ。
後半のペースもまずまずでしたが、順位を2つ上げただけの地味なレースとなってしまいました。
野尻選手は予選での圧巻の走りそして決勝も安定の走りで2位で2年連続のチャンピオンに。
おめでとうございます。
明日のレースも頑張ります。本日も応援ありがとうございました。

第10戦

最終戦を迎えた鈴鹿サーキットは昨日に続き快晴、無風。
タイトルは逃しましたがランキング2位を目指し #20 平川亮が今年最後の国内レースに臨みました。

予選
Q1を6位で通過、Q2は昨日より
改善は見られたもののセクター4で僅かにタイムロス、6位でした。

決勝
3列目6番グリッドからのスタート、
スタートダッシュは成らず、ポジションキープ。
ランキング2位を争うサッシャ選手に5周目で先行を許す。
13周目のSCタイミングでビットイン、
SC明け6位を走行、19周目のシケインで
#38 をパス5位へ、サッシャ選手を追いかけるも届かず悔しい5位フィニッシュとなりました。
チャンピオン狙いで序盤いいスタートを切れましたが、中盤以降不運なノーボイントレースも重なり、
失速し、王者野尻選手に突き放されました。
1年間応援ありがとうございました。
残す世界耐久選手権1戦でのチャンピオン獲得に向け全力で臨みます。
引き続き応援よろしくお願いいたします。

カテゴリ スーパーフォーミュラ
大会名称 2022年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第9戦 第10戦
開催日程 2022年10月28日(金) フリー走行 
2022年10月29日(土) 第9戦予選/決勝 
2022年10月30日(日) 第10戦予選/決勝
開催サーキット 鈴鹿サーキット : 5.807 km
順位 第9戦 予選 11位 / 決勝 9位
第10戦 予選 6位 / 決勝 5位
第9戦

 

第10戦

 

カテゴリー: スーパーフォーミュラ, レース, 平川 亮, 新着情報 |
fiawec
SUPER FORMULA
TOYOTA GAZOO Racing
広島トヨペット
キーパー
アチーブメント株式会社
Clarion
アライヘルメット
TOM'S
TEAM IMPUL
TOYOTA MOTOR SPORTS
takagi-planning
B-MAX RACING TEAM
Team LeMans
SUPER GT
スーパー耐久
InterProtoSeries
elms